岐阜旅行からの…風邪っぴき

もう先週になりますが、町内の奥様たちと岐阜方面に旅行に行ってきました。
今回は私が幹事で、私自身が行きたいと思っていた旅館にターゲットを絞らせてもらいました。(^^;) 結果は期待通り、それ以上の素敵な宿でした!
それは、長良川温泉の「十八楼」という旅館です。
​創業が幕末といいますから、長良川温泉の中でも老舗中の老舗。建物自体はレトロな旅館という感じですが、お掃除は行き届いており、お料理も美味しかったし従業員の皆さんの接客も素晴らしくて、さすがというほかありません。何より蔵を移築したというお風呂がとても素敵でした。
​今回の私個人の旅の目的は、この十八楼に泊まるということだったので、まずはそれが叶って大満足。
他の観光については、旅行社さんと相談して決めたのですが、1日目の昼食をとった犬山市の「なり多」というレストランも、雰囲気・お料理ともに最高でした。
1日目は、なり多でのランチの後、犬山城を見学。そこからまっすぐ十八楼に向かい、チェックインした後で、旅館の方の案内で川原町の古い街並みを散策しました。
​2日目は郡上八幡市へ。郡上踊りで有名なこの町は、古い街並みと清流の流れる山里としても知られています。路地を流れる川には鯉が泳ぎ、いたるところに今も水と深いつながりを持った生活が垣間見られます。そんな街並みを、ボランティアガイドさんと散策。食品サンプル工房での体験もできたし、お天気にもめぐまれてとても気持ちのいい一日でした。
​明宝ハムのお土産も買って、ルンルン気分で帰ってきたら、なんと2日後に高熱が出てダウンしてしまうという;;
​いやー、38度6分も熱が出るって何年ぶりかしら。。。平熱が低いのでめっちゃ辛いのですよ。さすがに休日診療に駆け込みましたね。幸いインフルエンザではないとのことで一安心。(*´Д`)
​それからしばらくは熱が下がらず、昨日くらいになってようやく落ち着いてきたのですが、いやはや情けない。今もまだ喉が痛いですが。
​おかげで、旅行前に手を付けた「三国恋戦記 魁」もさっぱり進まず…サイトの更新も全く手つかず…一人悶々としております。


 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
ふたたびの…神戸みなと温泉蓮

先週の22・23日、友人と二人で神戸に行ってきました。

本当は網野の方にカニを食べに行く計画を立てていたのですが、年明けからのあまりの寒さと雪の多さに(これはちょっと無理かな〜〜)と予定変更したのです。カニは今年の冬におあずけ。。。雪が降る前の11月に行こう、ということになりました。

で、選んだ宿が「神戸みなと温泉蓮」。去年の9月に実家の両親を連れて宿泊した旅館です。

もう一度泊まりたいと思う旅館はあっても、実際にはなかなか行けないものです。遠かったり、料金が高かったり、同じ泊まるなら違う宿に泊まりたいと思ってしまったり。でもここは、本当にすべてがいい宿で、ぜひもう一度泊まりたかったんですよね。

施設面では、特に何があるというわけではないんだけれど、足りないものはない、という感じかな。部屋もシンプルだし、サービス的にはホテルに近い。でもアメニティは揃っているし(浴衣+パジャマまであります)、清潔だし、バリアフリーだし。

お風呂は、広い日帰り入浴施設と宿泊客専用のお風呂があります。

食事はバイキング形式で、好きなものを好きなだけ食べられる…んだけど、そんなにいっぱい食べられないよー、胃が4つくらいあればな〜と思ってしまうくらい美味しいものがいっぱいなんです。特に今の季節はズワイガニ食べ放題で、網野に行けなかった仇を取った気分になりました(爆)。

夜は、ハーバーランドの夜景が見えるバーで、ゆったりとお酒を楽しむ。

朝は、朝日に輝く海を見ながら入るジャグジーで、ぼーっと心を開放する。

今回も素敵なステイでした。

 

肝心の神戸観光ですが、ゆっくり回ったことがないという友人のために、北野異人館・メリケンパーク・神戸港クルーズ・元町・中華街・三宮センター街という超定番コース(笑)。

それほど寒くもなく、歩いて回るのにはちょうどいいお天気でした。

それにしても、やっぱり北野は坂道やなあ。うろこの館なんて、絶対に年寄りには無理です。異人館って中も階段だしね。そして、入館料が高い! まあ、京都のお寺さんなんかも高いけど、ひとつひとつ全部入館料がかかるんだもん。えらいこっちゃです。

クルーズの料金1100円(45分)が一番コスパがよかったんじゃないだろうか。(^^;)

三宮のアニメイトでは、ちょうど発売になったばかりの「おじさまと猫」のコミックスを見つけて購入することができたし。

友人とず〜〜っとおしゃべりしっぱなしで、ストレス解消もできた2日間の小旅行でした。

ああ〜、また行きたい〜〜!(笑)

 

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
旅の楽しみ

ふあ〜、寒い寒いっ。
平昌では、連日の熱戦が続いていますが…あのコンディションの悪さはどうにかならんのかね?
​特にスノボの女子スロープスタイルと、ジャンプが酷かったなあ。アメリカさんのテレビ放送の都合か何か知りませんが、なんでジャンプ競技をあんな夜遅い時間にやらねばならんのか。ただでさえ寒いのに、強風で時間は遅れるは、その時の風の具合でスタートラインはくるくる変わるは、コンディションも何もあったもんじゃない。本当に選手がかわいそうですよ。
​スノボはリアルタイムで見てたんですが、もう最後まで無事に滑りきれたら御の字というありさまで…。もっと凄い技を出せる選手たちなんだろうに、悪天候のせいで全く実力を出し切れなかったなんて、どう考えても悔しすぎるよねー。
​運も実力のうちとはいえ…なーんか釈然とせんなあ。(>_<)

それはさておき。
突然ですが、皆さんは何を目的に旅行に出かけますか?

名所旧跡などの観光、絶景、アトラクションやイベント、もちろん美味しい料理、そして温泉。旅の目当てはいろいろだけれど、そうそう近頃だとインスタ映えのする写真を撮るために…なんていうのもありそう。

何を求めて、っていうのは、一緒に行くメンバーによっても違いますよね。女子会だったら観光よりもおしゃべりだし(笑)。

私も学生や独身の頃は、やっぱり旅といえば観光でした。特に学生の頃は貧乏旅行だったので、切符は安い均一周遊券、泊まりはユースホステルか国民宿舎(百歩譲って民宿!)、でっかい荷物を担いで、路線バスと歩きでひたすら観て回る…っていう感じ。

奮発してペンションに泊まった時は、あまりの豪華さに感激しましたもん(爆)。

今でももちろん(自分の自由になる旅なら)、何かテーマというか「ここに行きたい」というのを決めないと、旅の印象そのものがぼやけてしまう気がします。なので、家族旅行や私が幹事をする女子会などは、やっぱりみんなの関心のあるものをメインに持ってくるというスタンスは変わらないのですが。

実をいうと、最近「泊まってみたい宿」を先に考えるようになってきたんですよね。まずはこの旅館に泊まる、というのを先に決めてから、さて、ではこの周辺でどこを見に行こうか…みたいな。

4月に訪れる予定の長良川温泉の十八楼も、私自身が一度泊まってみたいと思っていた旅館です。もちろんネットで見たり、利用した人の口コミを読んだりして、想像しているだけなのですけれど。

他にも泊まってみたい宿がいっぱいあるんですよ。そんなに高くなくても(高くていいのは当たり前でしょ)、豪華な施設じゃなくても、心づくしの美味しい料理と接客があればいいなあと思う。むしろ、こじんまりした宿の方が団体客とかいなくてよさそう。

そうやってあちこち見比べて探した宿が予想以上によかったときは、「やった〜〜!大当たり〜〜!」とうれしくなります。

この宿に泊まるために行く。この店のこの料理を食べるために行く。そんな旅の目的があってもいいなあと思う今日この頃。

 

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
旅は計画しているときが楽しい!

昔から旅行の計画を立てるのが好きでした。

子どもの頃から、家にあった時刻表を眺めては、列車の乗り継ぎ時間を調べたり、各駅の駅弁を見て想像したり…みたいなことをやってましたねー。

高校時代に初めて友人と九州へ行ったのを皮切りに、夏休み、春休みには必ず、仕事をするようになってからも暇を見つけては周遊券を利用してのんびりどこかへ。一人旅も何度か経験しましたが、やっぱり旅は道連れがいる方が楽しいかなあ。

旅好きが嵩じて、一時は旅行主任者資格を取ろうと思ったこともありました。試験を受けに行ったけど、あえなく撃沈;;

まあそれからは、仕事にするのは諦めて、自分たちで行く旅の計画を立てることで満足しています。今でも暇があれば、旅情報のサイトや旅館の口コミサイトを見たり、ツアーのパンフレットを眺めたりして、疑似ツアーを楽しんでいるんですよ。

 

さて、先日も2件ほど旅の計画を立ててきました。

ひとつは親しい友人との二人旅。当初は2月くらいに丹後の方へ美味しいカニを食べに行くつもりだったのですが、何しろこの寒さでしょ。電車やバスの便を考えると、ちょっと不安になってしまいまして…。カニは諦めて、以前家族で行った神戸の「みなと温泉 蓮」に行くことにしました。ここなら運賃も安くつくし。足の心配もいらないし。

近場なので、旅行というよりはちょっとしたお出かけ気分。神戸でどこを見るかは、これから考えようと思っています。

もうひとつは町内の奥様たちとの親睦会で、去年から幹事を受け持っています。

これは4月ごろにどこかへ一泊旅行の予定でいろいろ考えていたのですが、旅行社さんとの打ち合わせも済ませて、長良川温泉の「十八楼」という旅館に泊まることに決まりました。ここ、実は私がすごく泊まりたかったんですよね。(^^)

貸し切りのマイクロバスで行くので、向こうでの足や時間は自由が利きますし、1日目は犬山城下町、2日目は郡上八幡の辺りを観光しようと思っています。

 

ふふふ。どっちも楽しみ〜〜。

旅行はやっぱり、ああだこうだと計画を立てているときが一番楽しいものですね。

 

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
神戸の夜景を見ながらグレンフィディックに酔いしれる

神戸で泊まってきました!
​ダンナと実家の両親と私の4人。泊まったのは、神戸港にある「神戸みなと温泉 蓮」というホテルです。
​以前からじゃらんでの口コミ評価が高くて、一度泊まってみたかったんですよね〜。(^^♪ 日帰り温泉施設やプールも併設していて、もちろん宿泊客も利用できるのですが、それとは別に最上階に宿泊客専用のお風呂やバーがあったりと、とてものんびり贅沢な時間を過ごすことができます。
​何より素晴らしいのは、そのロケーション! 神戸新港第一突堤に立っていて、西側には神戸ポートタワーやオリエンタルホテルなどが立ち並ぶメリケンパークが目の前なんです。

残念ながら私たちの部屋は東側だったので、神戸大橋やポートアイランドしか見えなかったのですが、レストランや10階のバーから見たメリケンパークの夜景はほんとに素晴らしくて、まるで夢のようでした。この景色が見られただけでも、ここに泊まった値打ちがあるというものですね。

 

 

食事もビュッフェ形式で、数えきれないくらい並んだ料理は、どれもこれも見た目も美しく、とても美味しかったです。

足元の不安定な老親にはちょっとハードルが高かったかも…ですが、それでも自分たちの好きなものを色々食べられて満足だったみたい。

食事のあと、10階にあるバーに行ったのですが、バーテンダーさんがとても素敵な方で、ダンナのたわいもない話にうまく付き合ってくださってうれしかったなあ。(内心、面倒くさい客…と思われていたかも;;)

もちろんカクテルも美味しくて、さらにカウンターから見える神戸港の夜景がうっとりするくらい綺麗で、この上なく楽しい時間を過ごすことができました。あんなに気持ちよく飲めたのは久しぶりだわ〜。

 

 

やっぱり、バーはバーテンダーさんの客あしらいが何よりも大事ですね。

それにつけても悔しいのは、この前せっかく遠くから来てくれた友人を連れて行った地元のバーで、バーテンダーさんが悲しいくらい愛想がなくて、何とも言えず寂しい思いをしたことでした。せっかく久しぶりのお店で私もすごく楽しみにしていたのに…。返す返すも残念でなりません。もう行かないよ、あんな店!

それに比べて、このホテルのバーの何という居心地の良さ。気配りの良さ。

本当にいいサービスって、これだよ。(^^) お客を気持ちよくさせる極意を知っておられるというか。とても素晴らしいひとときでした。

 

次の日は、お天気があまり良くなかったので、雨でも大丈夫な「神戸どうぶつ王国」へ。

ここ、以前「花鳥園」という名前だった頃に子どもたちを連れて一度来たことがあります。あの頃はフクロウとかの鳥がメインだったんですが、今はいろんな動物たちが増えて、野外ゾーンもできてて、広くて立派になってます。

さまざまなイベントも催されていて、中でも鷹やフクロウなどの鳥たちが頭の上すれすれに飛んでくる「バードパフォーマンスショー」は迫力満点! 遠足に来ていた小学生の団体さんもいて、大盛り上がりでした。

両親にもそこそこ喜んでもらえたみたいで、まずまずよかったかな。

 

また行きたい神戸。また泊まりたいホテル。( *´艸`)

ちょっとした命の洗濯でした。

 

 

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
台風に向かって走れ!(追記あり)

今日から1泊で和歌山の加太へ行ってきます〜。
​ダンナが退職してから全然どこへも行ってない、どこかへ行きたい〜と言うので、ホントは日帰りツアーか何かでもよかったんですが、少々下半身に不安あり…(爆)で、まあこのくらいの近場なら大丈夫だろうということで予約したんですが…。
まさか台風が来るとは!!!
​しかも昨日発生して、午後にはもう来ちゃうとか、マジで?! ヤバいなあ。。。(^^;)
北朝鮮のミサイルまでオマケみたいに飛んでくるし。もう、ホントに何なのっ?
とまあ、色々ありますが、とにかく行ってきます。
​昼ご飯を食べたら出発、今日はどこも寄らずに旅館に直行かな〜。
​夕陽がきれいな海岸沿いのお宿なのですが…露天風呂とか入ってたら風で飛ばされそうだわ;;
顛末はまた後日。

 

ということで、写真を追記します。

 

    

 

今回泊まったのは「大阪屋 ひいなの湯」という旅館。施設そのものはちょっと古くてこじんまりしていますが、お部屋はモダンにリノベーションされていて快適でした。

白いバスタブの半露天風呂付き。ほんとは結構お高い部屋なのですが、じ●らんの限定プランでお得にお泊りできたんです。(*^^)v

洗面台もとっても素敵!(最初、水の出し方が分からなくて困ったけど;;)

そしてお食事がすごくよかった!

夕食は、量的には(男性や若い人には)ちょっと少ない感じもありますが、どのお料理もきちんと「料理されている」っていうか、見た目もお味もとっても手が込んでいて素晴らしかったです。

朝食は食べきれないくらいで、だし巻き卵とアジの干物が美味しかったなあ〜。

 

 

久しぶりにダンナと二人、のんびりゆったりできて良かったです。

出かける前は呆然となったけど、台風もさほど大したことなく…。

花丸の温泉旅行でした。(^^)

 

 

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
淡路島へ行ってきました

20日〜21日の2日間、実家の両親を連れて、淡路島へ旅行に行ってきました。
​二人とも80歳を超えて年々足腰は弱ってくるし、父親の方は一昨年の暮れに足が立たなくなったこともあって、二人だけでの旅行はもうちょっと無理になってしまいました。近場のツアーくらいなら行けるかもしれませんが、ツアーはツアーで融通がきかなくて、結構大変な部分もあったりしますし。
今回は、ダンナに無理を言って車で乗せて行ってもらうことにしました。いろいろ考えると、もしかしてこれが最後の親孝行旅行になるかもしれないし…。
​あまりいいお天気回りではなくて、特に一日目は、車で移動しているときはものすごい嵐…みたいな空模様なのに、サービスエリアや観光地に着くと日が差して青空になってくるという(晴れ男の父の面目躍如!)「神ってる」お天気でした。
​旅館に着いてからも、横なぐりの大雨だったのに、露天風呂に入るときは雨がやむっていうね。。。
​老親を連れての旅なので、観光と言ってもあまり動き回るわけにもいきません。寒い時期なので、なるべく建物の中で、段差のないところで…と、計画を立てるときから結構気を使いましたよー。
1日目は、淡路インターを降りて岩屋港の近くの「源平」で海鮮丼を食べた後、鳴門大橋が見える道の駅うずしおと、福良マルシェに寄って、その後早めにホテルへ。
​2日目は、たこせんべいの里淡路夢舞台奇跡の星の植物館を見学。ちょうどこの日から「らん展」の特別展示が始まっていて、きれいな花々を堪能することができました。
​夢舞台の中で昼食をとって、淡路ハイウェイオアシスに寄って、夕方に帰宅。のんびり日程の買い出しツアーっていう感じ。
​今回泊まったのは、慶野松原にある「あわじ浜離宮」というホテルなんですが、なかなか良かったです。実はここ、以前から一度泊まってみたかったんですよね。(^^)
本当は露天風呂付きの特別室に泊まれるといいんだけど、まあお値段的にちょっと無理;; なので、モデレートフロアの和室にしたのですが、広縁の部分が広くて4人ゆったり座れるようになっていたので、足の悪い父親も楽だったようです。季節のいい時期なら、テラスで海岸に沈む夕陽を眺めながら過ごすっていうのもロマンチックでしょうねえ。
ホテルの内装や調度も、どこか懐かしい感じがする和洋折衷な雰囲気がとても素敵でした。
また、ロビーやライブラリーラウンジでは無料のドリンクやアルコール類も用意されていて、ゆったりした時間を楽しむことができます。食事も和食のようなフレンチのような…両親には珍しかったかもしれません。もちろんお味もサービスも満点でした。
また泊まりたい!って思える宿ってなかなかないけど、ここは本当に良かったです。次はぜひ、特別室に泊まりたいなあ。
福良マルシェではたまねぎやブロッコリーなどの野菜を大量に買い込み、関西テレビの情報番組「よーいどん」のロケに出くわしたり(ナマ石田靖さんを見てしまった!)。強風に飛ばされたコピー資料を拾いに駆けまわったり…しました。(^^;)
なかなか面白い旅でした。ダンナ、運転お疲れさまー。
でも淡路島って、やっぱり春がいいかなー。どこへ行っても花いっぱいの島なので、気候とお天気がよければ、ものすごくロケーションのいい観光地がたくさんあるんですが、雨とか、暑すぎるとか寒すぎるとか、屋外に出られないと魅力が半減してしまうかもしれませんね。
また両親と一緒に出掛けられるといいなあ。うん。

 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
京都で話題の手織り寿司

昨日、友人と京都のAWOMB(アウーム)というお店に行ってきました。今、ものすごく話題の「手織り寿司」のお店です。
私は全然知らなかったのですが、テレビなどでもよく取り上げられていて、女性の間で大人気、行列の絶えないお店として有名なのだそうです。
中京区にある本店は、それこそ平日でも雨の日でも朝から並んでも、完売で食べられないことも多いのだとか。
友人、「すごくよさそうやねん! 行ってみたいねん! 2時間くらい並ぶの覚悟で行かへん?」
私、「う〜ん、並ぶのいややなあ…。予約とかでけへんの?」
このやり取りが今から1カ月くらい前のこと。
それからネットでいろいろ調べてみると、本店は予約不可なのですが、最近新しくオープンした2号店は予約できるらしい…と分かったんです。しかも、まだできて新しいので、今なら比較的予約が取りやすいかも…とのこと。
速攻で電話を入れましたよ。そしたら…ラッキー!! 一発で予約が取れたじゃないのさっ。(^▽^)
前日の夜からの大雨を心配しつつ(警報出てるレベル)、行ってきました。
そして、噂の手織り寿司を堪能してまいりました。

アウーム西木屋町店は、五条大橋の西側の木屋町通りを少し北に上がったところにあります。
古い町屋を改装した小さなお店で、思わず通り過ぎてしまいそうな店構え。



店内は、1階がテーブル席が8席、カウンターが4席ほど。2階もあるそうですが、どのくらいの広さかは分かりません。当然ながら予約で埋まっていました。
ワクワクしながら待つことしばし。運ばれてきたのは…。



「手織り寿司 衣」
目にも美しい小さなネタ?の数々。大皿の上に、おばんさいや天ぷらがきれいに並べられています。
これに、すし飯とノリ、数々の薬味が用意されていて、自分の好きなようにご飯と具材を包んで食べる、というのが手織り寿司のセオリー。お蕎麦のお椀もついています。
本当にきれいでかわいくて、食べるのがもったいないくらい。どれを包もうか迷ってしまいますねー。(^^;)
隣に座っておられた女性二人連れの方は、以前に本店に行ったとき、開店2時間くらい前だったのにすでに予定数終了で断られたのだとか。「今日は予約できてよかった〜。やっと食べられた」とおっしゃっていました。
ネタはもちろん色々手が込んでいておいしいのですが、ご飯がすごくおいしくて、何も載せなくてもモリモリ食べられます。自家製マヨネーズやちょっと辛い薬味(名前忘れた;;)も、後を引くお味でした。
量的にも女性だったらちょうどいいんじゃないかな。
冷たく冷えた地ビールをお供に、もうシアワセ〜〜。。。
本店とは、少しお料理のコンセプトが違うそうで、友人は「やっぱり本店にも行きたい! 並んででも行きたい!」とのたまっていましたが…。私は。。。う〜ん、もうこれで十分かな〜。待つのキライ。。。(爆)

その後、せっかく五条通りに来てるんだしってことで、私の買い物に付き合ってもらうことにしました。
そう、先日の記事で書いた「米寿のお祝い」です。五条通り〜五条坂にかけては京都でも特に陶器屋さんがたくさん集まっているところ。できればここでお祝いの夫婦湯呑みを見つけたいと思い、何軒かのお店に入ってみました。
そして、五条通と東山通の角にある「前謙」というお店で素敵なお湯呑みを見つけたんです。

 

ちょっといいでしょ。(*^^)v
お値段も予算以内でなんとか。(ちょっとおまけしていただきました!)
ともあれこれで、大阪まで行く手間がはぶけたし。よかった、よかった。

そんな雨の京都でした。


 

| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
今年は思い切って行こうかなあ…
思えば去年の11月、ものすご〜〜く東京に行きたかったんです。
詳しいことは<こちらの記事>を読んでいただけるといいかなと思うんですが…。
とにかく心惹かれるイベントが2つもあって!! 普段の生活ではほとんどこういう場所に出向く機会がないんですよねー。
本当に、なんでもかんでも東京、東京、東京。はあ〜〜〜。そりゃまあ、それだけの集客が見込めるからなんだろうけど。ちょっとは関西に(いや、そもそも東京以外の地方に)住んでいる人間のことも考えてほしいよね。誰でも彼でも、ほいほいと泊りがけで東京に行けるほど、お金も暇もないんだよ、まったく。
関西にだって、美術館も博物館もイベント会場もあるんだけどなあ。

で、去年は泣く泣く諦めたんですが、今年は――。
なんとなんと、山岸凉子さんの原画展があるんですって。(≧▽≦)
こ、これは…見に行かねば!!!
弥生美術館なんて、どこにあるのかも知らないけど…(爆)。行・き・た・いっ。。。
でもどうせなら、せっかく東京までいくんだから、もう一つぐらいは何か見てきたいじゃないですか。
もし今年も三国志サミットが開催されるなら、その日に合わせてもいいし(まだ今年の情報は聞こえてこないんだけど;;)、11月27日にビッグサイトで開催される三国志オンリーイベントも興味あるし。
ネッ友さんと一緒に行きませんか(弥生美術館の方ね)みたいな話も出ているんだけど、今年は本気で考えてみようかなあ。
東京へ行きたしと思えど…。要は思い切りかも。新幹線なら京都から2時間半で行けちゃうんですよね〜。(^^;)


 
| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
おしゃれな温泉施設 アクアイグニス
日曜日、三重県の湯の山にあるアクアイグニスというところへ行ってきました。
これを単に日帰り温泉施設と呼んでいいのかどうか…。
湯の山温泉駅からバスで5分くらい、電車からもよく見えます。
ほんとに田舎!という景色の中に、突然現れる異空間とでも言ったらいいのでしょうか。





上が温泉棟、下がレストラン棟です。
建物の周りに水を張った池を配し、広々と気持ちいい空間が広がっています。
日帰り入浴施設(片岡温泉)は、決してたくさんの湯船があるわけではないのですが、内湯と露天の仕切りが明け放されていて、内湯につかっていても風が吹き抜けるような気分で、とても気持ちがよかったです。お湯もぬるぬるで気持ちいい〜〜。
レストランは、イタリア料理と和食で4店舗あり、私たちは高い方の(爆)イタリアレストラン「サーラビアンキ アル・ケッチァーノ」でランチコースをいただきました。とても美味しかったのですが、思った以上に時間がかかってしまい(2時間弱)、入浴の時間が短くなってしまったのが返す返すも残念です。次に行くときはもう少し余裕をもって行かないとね;;
施設内のお店で売っているケーキもパンも、すごく美味しそうで、ケーキは食べ損ねたのですが、パンはしっかり買って帰りましたよ。
宿泊もできるみたいで、特に露天風呂付の離れ4棟はそれぞれに部屋のデザインも違っていて楽しそうです。女性の友人とゆっくり遊びに来るのによさそうですね。

この日、午前中にロープウエーで御在所岳に登ったのですが、あいにくの曇り空で山頂は霧に覆われて真っ白。途中の日本一の鉄塔も、山頂からの展望も何も見えなくて残念でした。
でもまあ、なかなか面白い休日でした。
実は、実家の親から近鉄電車の乗車券を4枚もらったので、それでどこかに行こうとずいぶん前から考えていたのです。2人で行くなら往復なんだけど、子連れ4人で行ったので結局片道分しかなかったんですけど。
そこへ往復の特急券、ロープウエー代、お昼の食事+入浴料金などなど、気がついたらえらい出費になってしまいましたが、まあ、たまにはいいか〜。(と、財布の紐がゆるゆるな人;;)
でも正直、ここへ来るなら絶対に車の方が早くて便利なんだけど。。。


 
| 千華 | お遊び迷人? | comments(0) | - |
/ 1/20PAGES / >>